FXで得た利益は税金の支払い義務がありますが、必要経費をその利益から差し引くことができます。例えば、FXでの取引にはインターネットが欠かせません。

そのため、インターネットの通信費用を必要経費に含めることができます。また、FX関連の書籍であったり専門書なども必要経費に含めることができます。

他に、書類の印刷代などFX取引で使用する備品も必要経費として差し引くことができます。ただし、いずれにしても必要経費として差し引くためには、領収書が必要となるので忘れずに取っておきましょう。





FXは英語ではForeign Exchangeと言い、日本語での正式名称は外国為替証拠金取引と言います。また英語では、一般的にForex(フォレックス)と呼ばれています。米ドルやユーロを始めとした外貨と日本円の為替相場が常に変動していることを利用して、利益をあげるのがFXです。簡単にいえば、安い時に購入して高い時に売る、あるいは高い時に売っておいて、安い時に買い戻すことを行います。そしてFXはその外国為替証拠金取引の名前の通り、証拠金取引であることが特徴です。証拠金取引では、手元にある自己資金を担保として、より多くの金額の取引ができるようになっています。つまり手元にある資金が少なくても、それだけ大きな金額の取引ができるのです。大きな金額の取引ができるということは、それだけ大きな利益をえるチャンスがある反面、損失が大きくなるリスクもあるということになります。したがってこの証拠金取引の仕組みは、良く理解しておく必要があります。

FXとは

hiuserrserFX を取り扱っている証券会社は多く存在します。そしてそれは日本国内の証券会社だけでなく、海外のFX専門ブローカーも多く存在しています。そして多く存在するFX業者の中から、特に初心者の人たちがFXを始める時には、どのような点に注意して選べば良いのでしょうか。ここではスプレッドと、取引のしやすさ、テクニカルチャートの見やすさ、サポートの4点に注目してみましょう。

スプレッド

スプレッドは、業者によって違います。しかし最近では、どの業者もギリギリまで狭いスプレッドを提供しており、それほど大きな差がないとも言えます。取引手数料を取らない業者がほとんどとなった今、スプレッドは取引にかかる必須の取引コストの1つになります。スプレッドが狭ければ、それだけ利益を得るチャンスが多くなるので、できるだけ狭いのが理想ですが、それだけにこだわるよりも、全体的なコストや、システムの操作性や安定性なども含めて総合的に見る必要があります。海外業者も低いスプレッドを提供している所がほとんどですが、その中でも低いのが24Optionだと思います。
 
    
 

取引システムの使いやすさ

取引しシステムの使いやすさは大切です。使いにくい難しいしシステムだと、それだけでチャンスを逃す要因となります。多くのFX業者では、無料のデモ口座を用意していますので、事前にこれらを利用して、使い勝手を確認しておいたほうが良いかもしれません。

テクニカルチャートに見やすさと使いやすさ

FX取引とテクニカルチャートは、切っても切れない関係です。初めのうちは、チャートの詳しいことは分からなくても、取引を続けながら勉強していくうちに、より必要で大切なものになっていきます。最低でもトレンドラインが引けること、ボリンジャーバンド、RSI、一目均衡表くらいは簡単な操作で表示ができるようでないと、いずれ不満を持つことになるでしょう。

サポート体制

基本的に24時間のリアルタイムのサポート体制が整っている業者がベストです。FXは24時間の取引ができるので、その時になにかトラブルがあっても対応してもらえることは、大きな安心感につながります。サポート体制は、公式ホームページなどに掲載されていますので、確認しておきましょう。