FXで得た利益は税金の支払い義務がありますが、必要経費をその利益から差し引くことができます。例えば、FXでの取引にはインターネットが欠かせません。

そのため、インターネットの通信費用を必要経費に含めることができます。また、FX関連の書籍であったり専門書なども必要経費に含めることができます。

他に、書類の印刷代などFX取引で使用する備品も必要経費として差し引くことができます。ただし、いずれにしても必要経費として差し引くためには、領収書が必要となるので忘れずに取っておきましょう。





FXで負けないためには資金管理が最も重要な要素です。これはFXだけではなく、今人気のBOも同じ事です。経済ニュースを見たり、色々な情報を集めて、ファンダメンタルズを分析したりすることや、取引の手法を研究することも大事ですが、それよりもまずは、資金管理を重視することが大切なのです。ポジションサイズとレバレッジには特に注意を払う必要があります。

適切なポジションサイズはどのように決めればよいでしょう。

ポジションサイズを決めるためには、まず、値動きにハラハラするようなポジションにならないことが大事です。highlowの動向を冷静に見ていられるようでなければいけません。これは個人の金銭感覚にもよりますから、一概には言えませんが少しの値動きで冷静さを失うようなポジションサイズでは、無理があるということです。

資金管理を重視すればうまくいく

hrserもう一つのポイントは、そのポジションに自信が持てるかどうかです。自信がなくてもいつも大きめというのであれば、リスクが高くなってしまうでしょう。自信があって大きめにするのはともかく、自信がなければ小さめにと使い分けていくとよいでしょう。

レバレッジをかけすぎない

時間帯や、通貨ペアで大きな値動きがありそうな時には、レバレッジを小さくしてリスクを最小限にできるようにしましょう。レバレッジはFXの魅力の一つですが、利益を大きくしようとレバレッジを高くした場合、運悪く損失を出せば損失も大きくなってしまい、ハイリスクハイリターンの状態になってしまいます。これでは、すぐに資金を失うことになってしまいますから、動向を見ながら最適なレバレッジを見極めることも大切です。
    
 

Trends is Frindとういう格言

これは投資の世界でよく言われる格言の一つです。これは、トレンドに沿ったポジションを持っていれば、そのポジションを持ったタイミングが悪くても、損失を受けたままでいることはなく、あとで利益になる可能性が高いのです。もし、トレンドに沿わないポジションを持ったとしましょう。ポジションに沿っていればのちのち盛り返す可能性があるのに、トレンドに逆らっていた場合は、損失につながるのです。ですから、神経質なほど、注意深く管理する必要があるのです。

トレンドはどう見極めるか

移動平均線やMACDだけで判断するのは危険が伴います。トレンドを見るためには、上昇トレンドで、高値を更新していて安値を切り上げている状態と、下降トレンドで、安値を更新していて、高値を切り上げている状態が成立していることが重要なのです。ですから、移動平均線やMACDを見ながら、これらの条件が成立しているか注意を払う必要があるのです。