FXで得た利益は税金の支払い義務がありますが、必要経費をその利益から差し引くことができます。例えば、FXでの取引にはインターネットが欠かせません。

そのため、インターネットの通信費用を必要経費に含めることができます。また、FX関連の書籍であったり専門書なども必要経費に含めることができます。

他に、書類の印刷代などFX取引で使用する備品も必要経費として差し引くことができます。ただし、いずれにしても必要経費として差し引くためには、領収書が必要となるので忘れずに取っておきましょう。





FXは、2つの異なる通貨を互いに売買しながら、外国為替市場の為替相場の値動きを利用して、その為替差益を求めていく金融商品になります。
気軽に低資金でも始められることから、投資取引の初心者にも人気を博しているのですが、やはり最初のうちはその仕組みがなかなか理解できない人が多いのも事実です。

FX取引は、現在はパソコンやスマートフォンを使い、取引システムソフトを用いて売買を行っています。
おおよその場合は画面上に取り引きをしている通貨の現在の売値と買値が出ており、またその価格の変動がチャート図と呼ばれるグラフで表されています。
この売値と買値の価格の変動、為替レートの変動を使って通貨を売買し、利益を求めていくことになります。
また、チャート図はこれまでの値動きの様子を図表化して示してくれているために、これを参考にすることで、今後の為替レートの変動を予測分析ができるために、投資を行う上では欠かすことのできないものとなっています。

こうした仕組みの部分については、それぞれのFX取引業者で用意しているデモトレーダーを使って実際に操作をして慣れていくのが良いでしょう。
デモトレーダーは今ではほとんどの取引業者が無料で開放をしているサービスで、実際に使われているシステムソフトと為替レートを利用し、仮想資金を使って投資取引を行うことができます。

 

FXでの利益の出し方

hiuselo もちろん仮想資金ですので、たとえどんなに損失が出たとしても、実際の資金には影響はありませんので、このデモトレードを使って、取引システムソフトの仕組みや捜査官、為替レートの変動の傾向や、実際の取り引きの一連の流れなどを繰り返して練習し、投資を行って慣れていくことをお勧めします。
FXで主となる利益の生み方は、先にも少し出た為替差益を求めていく方法になります。
これは簡単に言えば、「安く買った通貨を高く売ってその差を利益とする」または、「高く売った通貨を安く買い戻してその差を利益とする」という事になります。

それでは「安く買った通貨を高く売ってその差を利益とする」という例を見ていきましょう。
今ここに1ドル100円という為替レートがあったとして、このドルを1万ドル分、100万円を出して買ったとします。
その後に為替レートに変動があり、1ドル120円になったため、先ほど買った1万ドルを売り120万円を手に入れます。
これにより、差し引きで20万円の利益が出ます。これがFXで利益を出す仕組みになります。

仮に、先ほどの為替レートの変動が1ドル120円という方向ではなく、1ドル80円という方向に変動したとしたら、100万円で買った1万ドルの価値が80万円に下がることになるので、差し引きで20万円の損失となるのです。
    
 

もう一つの「高く売った通貨を安く買い戻してその差を利益とする」という例も見てみましょう。
先ほどと同じように1ドル100円という為替レートがあったとします。まず取引業者に1万ドルを用立ててもらい、その1万ドルを売って100万円を手に入れます。
その後に為替レートに変動があり、1ドルが80円になったため、先ほど手に入れた100万円から80万円で1万ドルを買い戻し、その1万ドルを取引業者に返金します。
これにより、100万円から80万円を引いた差し引きの20万円が、利益として手元に残ることになります。

これも先ほどと同じように損失が出る場合があります。1ドルが80円の方向ではなく、1ドル120円という方向に変動してしまったら、100万円で売った1万ドルを120万円で買い戻さなくてはならなくなるので、その差分である20万円が損失になるのです。

FXでは、こうしたことを世界各国の様々な通貨を用い、それを2つ一組のペアとして売買を行って利益を求めていくことになります。
ですので、まずは取引システムソフトにしっかりと慣れ、この投資取引の感覚を頭にしっかりと慣れさせてから、実戦の取り引きを行うのが良いでしょう。




This template downloaded form