FXで得た利益は税金の支払い義務がありますが、必要経費をその利益から差し引くことができます。例えば、FXでの取引にはインターネットが欠かせません。

そのため、インターネットの通信費用を必要経費に含めることができます。また、FX関連の書籍であったり専門書なども必要経費に含めることができます。

他に、書類の印刷代などFX取引で使用する備品も必要経費として差し引くことができます。ただし、いずれにしても必要経費として差し引くためには、領収書が必要となるので忘れずに取っておきましょう。





テクニカル分析の手法でよく使われるのが、移動平均線を引いて予測を立てることです。この移動平均線とは、過去一定期間中における、為替レートのそれぞれ終値の平均値をつないだ線のことを指します。

移動平均線が上向きになっていれば上昇トレンド、と判断できますしその逆なら下降トレンドと言えるでしょう。この移動平均線にもいくつか種類があり、5日移動平均線、25日移動平均線などがあります。5日移動平均線なら、直近の5日間が対象となっており、それぞれ5日間の終値を合計し、日数で割り平均を出したものとなります。移動平均線はこのように、短期、中期、長期と分けられますが、トレンド転換に素早く反応できるのは短期線です。

FXチャートの移動平均線とは

hiuserresreしかし、「ダマシ」といった売買の誤シグナルが出ることもありますので、その点は注意が必要です。その一方、長期線ではダマシは出ませんが、トレンド転換の反応に遅れてしまうという短所もあります。

グランビルの法則

グランビルの法則とは、チャートの移動平均線と相場レートを組み合わせ、最適な売買のタイミングを測り、売買シグナルを知るという法則の事を言います。ジョセフ・E・グランビルというアナリストだった人物が考案したので、その名称を取ってグランビルの法則と名づけられています。

グランビルの法則では、200日間の日足チャートに移動平均線を表示させ、トレンド傾向を判断していきます。これにより、上昇トレンド、下降トレンドを明確に判断する事が可能となり、売タイミングと買タイミングのシグナルを8つにまとめた法則となっています。
    
 

他のチャート分析について

RSIやボリジャーバンド、一目均衡表、MACDといったテクニカル指標などがあります。

通貨の変動には予測不可能なリスクも存在する

予測が不可能な為替変動リスクというものが存在することにも注意が必要です。突然のテロや戦争開始、国内の紛争、内戦などは、通過の価値を下落させる大きな要因ともなります。このようなリスクについては予測することは難しいのですが、常に世界情勢のニュースには敏感になっておくことが大切でしょう。

経済情勢や政治的な動きには注意を払いながら、調べておくことも重要です。国の情勢不安や、財政が逼迫している場合、その国の通貨を買うのはリスクが大きいため敬遠した方がよいといえます。そのような国の通貨を持っていたとしても、価値がゼロになってしまうこともありますから、その点は頭に入れておきましょう。 テクニカル分析、チャート分析や移動平均線等、FXを行う上で役に立つ分析方法の詳しい情報が海外FXやバイナリーオプション ブログ, またFXサイトなどで無料で手に入る時代です。基礎知識を身につけてFXに挑みましょう。