FXで得た利益は税金の支払い義務がありますが、必要経費をその利益から差し引くことができます。例えば、FXでの取引にはインターネットが欠かせません。

そのため、インターネットの通信費用を必要経費に含めることができます。また、FX関連の書籍であったり専門書なども必要経費に含めることができます。

他に、書類の印刷代などFX取引で使用する備品も必要経費として差し引くことができます。ただし、いずれにしても必要経費として差し引くためには、領収書が必要となるので忘れずに取っておきましょう。





第一に自分が投資を行うわけですから、その資産を別管理しているFX会社かどうかを確認しましょう。だいたいの大手FX会社は、万が一経営が破綻という事態になったとしても、顧客の資産は別の信託銀行で管理していますので問題はありませんが、念の為この点は事前に確認しておくことが大切です。

あとは、自分の取引や生活スタイルなどに合わせて、適した環境を提供するFX会社を選択することです。FXに初めてチャレンジする人にとっては、業者を選ぶだけでも一苦労ですが、口座の開設や維持費用は無料なので、2社から3社ほど選んで口座を開設してお試しをしてみるのも一つの方法です。

最適なFX会社を選ぶには

hiuserhourei取引スタイルで選ぶFX業者

自分がどう取引をしたいかどうか、また生活スタイルがFX業者を選ぶのに重要なポイントとなります。例えば 比較的時間の取れる人で取引回数が多い、また投資する金額も大口だという人ならば、狭いスプレッドを提供しているFX業者が向いているでしょう。

逆に投資する金額は少額で、まずはFXを試しにやってみたい、覚えたいという初心者ならば最低取引単位が小さいFX業者を選ぶことです。初心者でも損失を最小限に抑えることができる、リスクが小さい取引ができるので安心です。

その場合はFXの口座開設キャンペーンでキャッシュバックが多いと謳っているFX業者を選んでみるとよいでしょう。(キャッシュバックキャンペーンでいつもトレーダーの間で話題になっているのがXM.comです。一度チェックしてみて下さい。)また、外貨を長期間にかけて保有したい人は、スワップ(金利)が高いFX業者を選択することで、期間を置けば置くほど金利が上乗せされ、累積額が蓄えられていきます。
    
 

スプレッドで選択する

スプレッドとはFX取引に必要な手数料のようなものです。取引回数が多くなれば、その分手数料がかかりコストが高くなります。ですから、一日に何度も取引をする人や取引の金額が大口の場合は、スプレッドの狭いFX業者を選択することがお勧めです。低スプレッドを提供しているFX業者を選ぶことで、コスト負けせずに取引を有利に進めることができます。

スワップポイントで選ぶ

スワップポイントは2国間の異なる国で設定されている金利差を利用して得られるものです。このスワップポイントもFX業者によって異なりますから、ここを重視して選択するのも一つの方法です。

2国間の金利差を利用するのに、なぜそれぞれのFX業者で得られるスワップが異なるのだろう?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、その裏ではそれぞれのFX業者が行っている企業努力があるからこそなのです。