FXで得た利益は税金の支払い義務がありますが、必要経費をその利益から差し引くことができます。例えば、FXでの取引にはインターネットが欠かせません。

そのため、インターネットの通信費用を必要経費に含めることができます。また、FX関連の書籍であったり専門書なども必要経費に含めることができます。

他に、書類の印刷代などFX取引で使用する備品も必要経費として差し引くことができます。ただし、いずれにしても必要経費として差し引くためには、領収書が必要となるので忘れずに取っておきましょう。





通貨とは、物やサービスと交換することができる「通用する貨幣」のことです。通貨は国によって異なり、日本では円、アメリカではドル、ヨーロッパではユーロが通貨になります。

外貨とは、国外で流通している貨幣のことで、日本から見ればドルやユーロが外貨に当たります。

為替とは、遠隔地の者同士が通貨のやりとりを行う場合、通貨を直接送金するのではなく、小切手や銀行振込など、別の手段でやりとりする方法のことを指します。また、為替を利用して取引することを為替取引と言い、国内での為替取引を内国為替、異国間での為替取引を外国為替と呼びます。

物やサービスと交換できる貨幣

hiuselo為替は私たちも普段から利用しています。例えば、200万円の自動車を購入した場合、現金で直接支払うことはまずしません。現金を持ち運ぶ労力や、盗難・紛失の危険を避けたいからです。これらのデメリットを解消するため、私たちは銀行振込などの「為替」を利用しています。


外国為替とは、異なる国の間で通貨を直接やりとりするのではなく、銀行の海外送金や、小切手・信用手形など別の手段で送金する方法のことで、外為(がいため)と略称で呼ばれることもあります。

外国為替の特徴は、異なる国同士では通貨が違うので、両替が必要になってくる点です。例えば、日本からアメリカに送金する場合、円をドルへ両替する必要があります。このときの交換比率が為替相場(為替レート)です。この為替レートの取引を行うことによって利益を出すチャンスがあるのがFXということになります。
    
 

為替相場には固定相場制と変動相場制があり、国により制度が違います。日本をはじめ先進国は主に変動相場制を採用しており、各国の経済事情により為替相場は日々刻々と変動しています。

外国為替も私たちが普段から利用しているものです。例えば、アメリカへ海外旅行に行く際、空港の銀行窓口で円をドルに両替することも外国為替に当たります。厳密には日本語の定義と異なりますが、英語のForeign Exchangeは日本語で外国為替と訳します。すでに触れたとおり、FXはForeign eXchangeの略称なので、私たちは普段からFXを活用しているとも言えるでしょう。利益を効率よく上げる為に、戦略などを参考にしている人も多いようです。




This template downloaded form